スズキSX4 燃費・口コミ評価

スズキSX4 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

スズキSX4

スズキのコンパクトカーと言えば、即座に「スイフト」を思い浮かべる人が多い事でしょう。「SX4」の名を聞いてもピンと来ない人が殆どだと思いますが、もしすぐさま外観が頭に浮かんだとすれば、相当な車好きです。SX4は、それ程マイナーな存在になっています。2006年に登場して以来、国内では8年間フルモデルチェンジなしに販売され続けており、その間特に目ぼしい装備が追加されるような事もなかったので、マイノリティーになってしまったのもやむを得ないところです。しかし、こと個性という点においては、現在でも国産コンパクトカーの中で最右翼クラスにあると言えます。一般的なハッチバック車やトールワゴンではなく、クロスオーバーSUVのカテゴリーに属しますが、国産車ではこの種の車が少ない為、際だった存在になっています。

 

欧州では、現在こうしたクロスオオーバーSUVが花盛りですが、SX4はそれらよりも遥かに先んじてこのカテゴリーを開拓したと言えます。又、通常コンパクトカーベースのクロスオーバーSUVは、ベースモデルのFF方式を踏襲し、4WDモデルは用意されないものですが、このSX4には4WDモデルも用意されます。しかも、フルタイム方式ではなく、パートタイム方式というのが何ともユニークです。それだけ、悪路走破性を重視しているという証でしょうし、ロードクリアランスも175mm取られているので、クロカンタイプ並みとは言わずとも、それなりの能力は期待出来そうです。そして、古さを感じさせないエクステリア・デザインも、SX4の魅力の一つと言えます。さすがジウジアーロが手掛けただけあり、今見ても恰好良いと思えます。

 

ただ、ボディ・サイズは意外と大きく、全長4,135mm×全幅1,730mm×全高1,585mmと、BセグメントよりもCセグメントに近いサイズになっています。特に、全幅が3ナンバーサイズになっている為、狭い路地を走る際などは、若干気になるかもしれません。パワートレインは、1.5L直4エンジンとトルコン式4ATの組み合わせです。エンジンはともかくとして、トランスミッションはさすがに時代遅れなもので、せめてCVTにするか、6速程度に多段化して欲しいところです。又、特に低燃費対策を講じていない事や、前述の旧式なATの為、燃費性能は15.6〜16.4kmという、1.5Lクラスとしてはワーストレベルに留まります。SX4は、個性は買えるとしても、明らかに時代にそぐわない部分がある為、諸手を挙げて人に薦められるような車ではありません。現状では、一部の好事家向けの車という位置付けになりそうです。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

スズキSX4 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

16.4km/L(1.5G、1.5XG FF車)

4135×1730×1585

5.3m