スズキ・スイフト 燃費・口コミ評価

スズキ・スイフト 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

スズキ・スイフト

スズキのコンパクトカー「スイフト」は、スズキの登録車中随一の販売台数がある車種であり、また優れた走行性能がジャーナリストから高く評価されている車種でもあります。3代目となる現行モデルは、2010年に登場しているので既に4年が経過していますが、未だ全く陳腐化した印象がないのは、基本設計の賜物に違いありません。そして、スイフトの魅力は、走行性能だけではありません。エクステリア・デザインもなかなか魅力的で、車としての良さを上手く外観に表現出来ていると言えます。プレーンなボディラインは、国産車というよりは欧州車的な雰囲気もあり、5ドア車ながらスタイリッシュです。

 

インテリアも、機能的なデザインのダッシュボードや、黒で統一された精悍な内装など、走りを売りにしたコンパクトカーらしい演出があります。とかく国産コンパクトカーのインテリアは、奇をてらったりファンシー路線に走ったりする傾向がありますが、スイフトの正当的なインテリアは、ベーシックカーの鏡と言えるものです。パワートレインは、2種類の1.2Lエンジンが用意され、トランスミッションはCVTと5MTが用意されます。

 

特に注目すべきは、熱効率を高めたデュアルジェットエンジンです。91馬力の最高出力と118Nmの最大トルクこそ、従来型エンジンと同一ですが、燃費性能はそれを3割近くも上回る、26.4km/Lという数値を誇ります。ただ、両者の価格差は10万円前後あるので、燃費で元を取るのは難しいかもしれません。それと、デュアルジェットエンジンでないのは残念ですが、5MT仕様が用意されるのも、MT派には嬉しい点でしょう。オートマ大国の日本においても、マイノリティーの要望を無視しないスズキの姿勢は、評価に値します。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

スズキ・スイフト 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

26.4km/L(XG-DJE)

3850×1695×1500

4.8m