トヨタ・スペイド 燃費・口コミ評価

トヨタ・スペイド 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

トヨタ・スペイド

トヨタの「スペイド」は、2代目「ポルテ」の姉妹車種として、2012年に市場に投入されたコンパクトカーです。フロントマスクなど一部の相違点を除けば、実質的にポルテと同一の車であり、助手席電動スライドドアの装備を特徴とする点も同じです。ボディ・サイズは、全長3.995mm×全幅1.695mmとコンパクトで、日本で使うにはジャストな大きさと言えそうです。反面、スペースユーティリティを重視した車種なので、全高は1,690〜1,720mmと高めに設定されています。そして、前述した助手席電動スライドドアは、高齢者や子供の乗り降りのみならず、狭いスペースに駐車した際にパッセンジャーが乗り降りする際に、大いに威力を発揮するものです。この機能こそ、ポルテ/スペイドの最大のセールスポイントと言えるでしょう。

 

エクステリア・デザインは、ポルテがちょっとトボけたフロントマスクを持つのに対し、スペイドはクールなイメージのマスクになっています。これは、良し悪しの問題ではないので、好み次第でどちらを選んでも良いと思います。一方、インテリアはエクステリア程の違いはなく、ファンシー系デザインのダッシュボードも、ポルテと共通です。しかし、ポルテにはお似合いでも、スペイドの外観とは少々ミスマッチの感もあります。

 

パワートレインは、1.3Lと1.5Lの直4NAエンジンに、それぞれCVTが組み合されます。トヨタのコンパクトカー定番のコンビネーションで、特にパワフルだとかファン・トゥ・ドライブという事はないものの、この車のキャラクターにはよく合っていると言えるでしょう。現時点で、ポルテ/スペイドのようなドアを備えた車種は存在しないので、他の車と比較検討するのでなく、指名買いをするタイプの車と言えます。そして、地味ながら然るべき存在価値のある車である事は、間違いありません。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

トヨタ・スペイド 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

19.0km/L(FF車)

3995×1695×1690

5.0m