フォルクスワーゲン・ポロ 燃費・口コミ評価

フォルクスワーゲン・ポロ 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

フォルクスワーゲン・ポロ

フォルクスワーゲンの「ポロ」は、「up!」と「ゴルフ」の中間に位置する、Bセグメントのコンパクトカーです。優れたトータルバランスには定評があり、ライバルメーカーからもベンチマークと目される存在となっています。ボディ・サイズは、全長3,995mm×全幅1,685mm×全高1,460mmというコンパクトなもので、日本においても大変使い易いサイズになっています。最近は、特に欧州ではBセグメントでも幅が1.7mを超える車種が増えていますが、ポロは日本の5ナンバー枠に収まっており、これは決して軽視出来ないメリットになります。

 

エクステリア・デザインは、特に強い個性を持たず、誰にでも抵抗感なく受け入れられるものです。輸入車にキャラクターを求める人には少し物足りないかもしれませんが、純粋に実用車を探している人にとっては、好ましく感じられる筈です。又、インテリアも、エクステリア同様機能性を重視したデザインで、いささか素っ気ないイメージではあるものの、万人向けであると言えます。パワートレインは、エンジンは1.2L直4ターボと2種類の1.4Lターボが用意され、トランスミッションは全て乾式の7速DCTとなります。

 

一般ユースには、1.2Lエンジンを搭載する「TSI」で十分ですが、走行性能を重視するなら、1.4Lエンジン搭載の「ブルーGT」や「GTI」も面白い存在です。ブルーGTとGTIのエンジンは、ボア&ストロークの異なる全くの別設計で、燃費や環境性能では前者が、絶対的なパワーでは後者が勝ります。殊にブルーGTは、140馬力の出力と250Nmのトルクを持つホットハッチながら、21.3km/Lというポロシリーズ最高の燃費を持つので、時代の要請を考慮するなら、こちらの選択が正解と言えるかもしれません。しかしながら、ポロは総合性能が大変優れた車なので、どのモデルを選んでも決して後悔はしないでしょう。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

フォルクスワーゲン・ポロ 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

21.3km/L(BlueGT)

3995×1685×1460

4.9m