三菱ミラージュ 燃費・口コミ評価

三菱ミラージュ 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

三菱ミラージュ

三菱のコンパクトカー「ミラージュ」は、2000年に一旦生産終了となったものの、2012年にニューモデルとして登場、久しぶりに車名が復活しました。かつてよりも大幅にダウンサイジングされ、Bセグメントのコンパクトなボディに1Lのエンジを搭載する、所謂リッターカーになっています。具体的なボディ・サイズは、全長3,710mm×全幅1,665mmで、トヨタ・ヴィッツや日産マーチよりも小さく、トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーンと同じくらいの大きさになっています。

 

エクステリア・デザインは、丸みを帯びていながらもシルエットがウェッジシェイプとなっており、可愛らしさだけでなく凛々しい雰囲気も併せ持っています。ウェブカタログでは女性モデルが起用されていますが、この形なら男性が乗るにもやぶさかでないでしょう。一方、インテリアは、呆気ない程あっさりとしたデザインのダッシュボードが印象的です。一部のコンパクトカーに見られるようなファンシー路線を狙わず、ベーシックカーの原点に立ち戻ったような割り切ったデザインは、むしろ好感が持てるものです。

 

パワートレインは、lL直3エンジン+CVTの組み合わせのみで、最高出力69馬力、最大トルク86Nmのスペックを持ちます。軽自動車に毛が生えた程度の性能ですが、車両重量が860〜870kgと極めて軽い為、必要にして十分でしょう。燃費性能は高く、特に上級グレードは27.2km/Lという純ガソリンエンジン登録車としてトップの燃費を誇ります。総合的に、リッターカーとして良くまとまった車ですが、新興国向けとして開発されている為ややチープ感がある事や、ブランドイメージの弱さから、販売面では苦戦しています。しかし、リセールバリューに拘らないなら、良い選択と言えるでしょう。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

三菱ミラージュ 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

27.2km/L(G、M)

3710×1665×1490

4.4m