トヨタiQ 燃費・口コミ評価

トヨタiQ 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

トヨタiQ

トヨタの「iQ」は、非常にユニークなディメンションを持つコンパクトカーです。全長が2,985〜3,000mmと、360cc時代の軽自動車並みに短い一方、全幅は1,680mmと相対的にかなりワイドになっています。輸入車のスマート・フォーツーにも相通じるディメンションは、国産車では他に類を見ない特徴的なものです。ただ、スマートとの相違点として、リアシートを備える事が挙げられます。その為、スペック上は一応4人乗りとなっています。しかし、運転席側の後席はレッグスペースがミニマムとなってしまう為、実質的には大人3人+幼児1人といったところでしょう。それでも、いざという時に後席が備わるのはスマートに対して有利な点です。

 

iQのエクステリア・デザインは、スマートも同様ですが、寸詰まりなボディを持つ為チョロQのようなユーモラスな雰囲気を備えています。15〜16インチの立派なサイズのタイヤを履く事もあり、「ドタ靴を履いたミッキーマウス」のような愛嬌が感じられます。一方、インテリアのダッシュボードに目を向けると、外観とは対照的にオーソドックスです。トヨタがコンパクトカーで好んで用いるセンターメーターではなく、ステアリング正面にメーターナセルが備わる事と相まって、意外とコンサバな雰囲気です。元々、トヨタはiQをプレミアム・コンパクトと位置付けているので、内装で奇をてらわなかったのは正解と言えるでしょう。エンジンは、68馬力の最高出力と90Nmの最大トルクを発生する1L直3ユニットと、94馬力と118Nmを発生する1.3L直4ユニットが用意されます。

 

この車のキャラクターはシティ・トランスポーターであり、車両重量も軽いので(1Lモデルで890kg)、1Lモデルの方で十分でしょう。しかし、1.3Lモデルには6MT仕様も用意されるので、ホットハッチ的なファンな走りを望むなら、この選択も良いと思います。又、軽量ボディと小排気量エンジンの組み合わせ故、燃費も良好で、20.8〜21.2km/Lと十分満足の行くスペックです。面白いのは、1Lモデルと1.3LのCVTモデルが全く同一の燃費で、1.3LのMTモデルが最も優れた燃費を備えている事です。ただ、いずれにしてもヴィッツがマイナーチェンジにより格段に燃費を向上させた為、iQの燃費は相対的に見劣りがするようになってしまいました。是非とも、このiQにもヴィッツに搭載された新しいパワートレインが欲しいところです。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

トヨタiQ 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

21.2km/L(130G MT車)

3000×1680×1500

3.9m