フォルクスワーゲン・ゴルフ 燃費・口コミ評価

フォルクスワーゲン・ゴルフ 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

フォルクスワーゲン・ゴルフ

フォルクスワーゲンの主力車種「ゴルフ」は、世界的なベストセラーカーであり、Cセグメントハッチバック車のベンチマークと目される車です。1974年に初代モデルが登場して以来、現行モデルで7代目となりますが、常にこのクラスの車の規範であり続けています。殊に、現行モデルは一段と完成度が増し、大変魅力的な車になっています。まず、ボディ・サイズは、モデルチェンジの度に拡大されていますが、今回も一回り大きくなり、全長4,265mm×全幅1,800mmと、ついに全幅が1.8mの大台に達しています。日本で実用車として使うにはギリギリのサイズであり、もはやコンパクトカーとは呼び辛い大きさです。

 

しかし、ネガティブな要素はこれくらいで、あとは美点ばかりと言っても過言ではありません。まず、エクステリア・デザインは非常にシャープなボディラインを持ち、歴代モデルで最高と言って良い程、精悍なイメージに溢れています。ボディが大きくなった事さえ感じさせない引き締まった印象があり、素直に恰好良いと思わせるものです。インテリアは、ゴルフの伝統的に則り機能本位にまとめられ、やや素っ気ないものの、オーソドックスで誰にでも馴染めるものです。パワートレインは、1.2L直4ターボと1.4L直4ターボが用意される他、GTIには2L直4ターボが搭載されます。トランスミッションはいずれもDCTが組み合わせられ、1.2Lと1.4Lモデルは7速乾式、GTIは6速湿式となっています。

 

これらの中で、最も注目すべきモデルは、1.4Lエンジンを搭載したTSIハイラインです。このエンジンは、このクラスとしては稀な気筒休止マネジメントを備え、燃費向上に大きく貢献しています。1.2Lエンジンよりも出力で35馬力、トルクで75Nmも上回りながら、燃費は僅か1.1km/L劣るだけです。19.9km/Lという数値自体も、他社の同クラスのNA車(パワーが遥かに劣る)と同等のもので、如何に優れた燃費性能を備えているかが分かります。そして、優れた安全装備も、ゴルフの大きな美点の一つです。コンパクトカーの場合、衝突回避支援システムを備えていても、単に緊急時にブレーキを掛けるだけの簡易的なタイプが殆どですが、ゴルフの場合は違います。全速度対応型のレーダークルーズや、レーンキープアシストを備える、高級車並みの本格的なシステムが備わります。この点だけでも、ゴルフを選ぶ価値があるというものです。総合的に、全幅の広さに目を瞑るなら、これ程素晴らしいコンパクトカーにはそうそうお目に掛かれないでしょう。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

フォルクスワーゲン・ゴルフ 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

21.0km/L(TSI CL、TSI TL)

4265×1800×1460

5.2m