アルファロメオ・ジュリエッタ 燃費・口コミ評価

アルファロメオ・ジュリエッタ 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

アルファロメオ・ジュリエッタ

アルファロメオのコンパクトカー「ジュリエッタ」は、先代モデルが生産終了となってから20年以上経過した2010年、「ミト」の上級モデルとして、久々に車名を復活して登場しました。日本に導入されたのは2012年からで、未だニューモデルとしての輝きを保っています。ボディ・サイズは、全長4,350mm×全幅1,800mm×全高1,460mmで、フォルクスワーゲン・ゴルフなどと同じCセグメントに属します。しかし、非常に個性的なスタイリングを備えているジュリエッタは、指名買いをするタイプの車であり、ゴルフと比較検討して選ぶという人は少ないでしょう。雰囲気的にもゴルフなどとは全く異質で、実用コンパクトカーというよりは、スペシャリティカーと呼びたくなるムードがあります。

 

このエクステリア・デザインこそ、ジュリエッタの肝とも言うべきもので、アルファ独特の縦型グリルやエッジの効いたボディラインなど、一目でそれと分かる印象的なものです。又、5ドアでありながら、後部ドアが今流行りの「インビジブル」タイプとなっており、一見したところ3ドア車に見える点もデザイン上のポイントになっています。多くの人にとって恰好良いと感じられる筈ですが、アクが強過ぎて嫌いだという人も少なくないでしょう。インテリアは、コックピットと呼びたくなるスポーティーな雰囲気のダッシュボードを備えますが、こちらはエクステリア程は好き嫌いが分かれないであろう癖のないものです。

 

パワートレインは、1.4L直4ターボエンジンと1.7L直4ターボエンジンが用意され、最高出力と最大トルクは、それぞれ170馬力・250Nm、235馬力・340Nmという十分過ぎる程のスペックを備えます。トランスミッションは、前者が6速DCT、後者が6速MTと組み合せられます。ジュリエッタは、スタイリングに惚れ込んで手に入れるタイプの車なので、余程飛ばしたい人でない限り、1.4Lモデルの方で十分でしょう。変速はDCTに任せ、サラっと乗りこなした方がこの車の雰囲気に合うように思います。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

アルファロメオ・ジュリエッタ 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

15.6km/L(6速TCT車)

4350×1800×1460

5.5m