ホンダ・フリードスパイクハイブリッド 燃費・口コミ評価

ホンダ・フリードスパイクハイブリッド 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

ホンダ・フリードスパイクハイブリッド

ホンダのミニバン「フリードスパイクハイブリッド」は、「フリードハイブリッド」とは姉妹車種の関係にあります。両者は基本的に同一の車ですが、フリードスパイクハイブリッドの方がフロントマスクがクールなイメージになっており、サイドウィンドウもフリードハイブリッドの6ライトに対し4ライトとなっていて、全般的に若々しいイメージとなっています。ボディ・サイズは、全長4,210mm×全幅1,695mmと、ミニバンとしてはコンパクトであり、殊に全幅が5ナンバー枠に収まっている点で、貴重な存在と言えます。

 

一方、全高はミニバンらしく1,720mmあるので、登録車としては珍しく全幅より全高が大きいディメンションになっています。これは、操縦安定性の点では不利になりますが、着座位置が高く全幅が狭い事は、取り回しの面では有利になります。パワートレインは、先代フィットハイブリッドの物をそのまま流用しており、システム出力は99馬力と、現行フィットハイブリッドの137馬力よりかなり見劣りがします。車両重量も1.4トン程ある為、動力性能の点では多くを望む事は出来ないでしょう。

 

又、燃費の面でも21.6km/Lに留まり、フィットハイブリッドの36.4km/Lには遠く及びません。ただ、同じフリードスパイクのガソリンモデルと比べると5km/L程上回っており、ミニバンのカテゴリーの中では燃費は良い部類に属します。総合的に見て、フリードスパイクハイブリッドは、少人数のファミリーやディンクスなどが街乗り中心で使うには悪くない選択と言えますが、パワートレインのスペックの物足りなさは否めません。早急にパワートレインのリニューアルが望まれるところです。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

ホンダ・フリードスパイクハイブリッド 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

21.6km/L

4210×1695×1715

5.2m