ホンダ・フリードスパイク 燃費・口コミ評価

ホンダ・フリードスパイク 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

ホンダ・フリードスパイク

ホンダの「フリードスパイク」は、「フリード」から派生したコンパクトなミニバンです。両者は、ボディ、シャシー、パワートレインなど大半のコンポーネンツが共通で、基本的に同一の車種です。しかし、フロントマスクの意匠やサイドウィンドウの数などに違いがあるので、容易に見分けが付きます。プラットフォームは先代のフィットの物をベースとしており、パワートレインも先代フィットの物を利用しています。ボディ・サイズは、全長4,210mm×全幅1,695mmと、ミニバンとしては小ぶりなものになっています。

 

特に、全幅が5ナンバー枠に収まっているのは、日常使いの上で大きなメリットになる筈です。5ナンバーのミニバンとなると車種が限られるので、日本の道路事情に合った貴重な1台という事になります。エクステリア・デザインは、かなり抑揚の効いたプレスラインを持ち、フリードよりもクールなイメージのフロントマスクや、4ライトのサイドウィンドウにより、ミニバンながら所帯じみたイメージを感じさせないものになっています。特に、若夫婦のファミリーに似合いそうな雰囲気があります。又、ダッシュボードのデザインは非常にユニークなものですが、5ナンバーのナローな幅を感じさせない開放的なムードを演出しています。

 

一方、パワートレインは、現行フィットとは異なりアトキンソンサイクルのエンジンではない為、スペック的にはやや劣るものになっています。一番軽いグレードでも車両重量は1.3トンあり、それに118馬力のエンジンですから、動力性能に多くを望む事は出来ないでしょう。ミニバンは走行性能を追求するようなカテゴリーではないとは言え、走りの余裕を求める為には、是非とも新しいエンジンを搭載して欲しいところです。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

ホンダ・フリードスパイク 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

16.6km/L(G FF車)

4210×1695×1720

5.2m