ホンダ・フィットハイブリッド 燃費・口コミ評価

ホンダ・フィットハイブリッド 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

ホンダ・フィットハイブリッド

ホンダのコンパクトカー「フィット」は、初代モデルが登場して以来今日までベストセラー街道をひた走り、ホンダのドル箱的存在になっています。ユーティリティーの高さやホンダらしい走行性能の高さなどが評価されての結果と思われますが、特に派生バージョンの「フィットハイブリッド」は、それに燃費性能の高さが加わり、正に鬼に金棒のような盤石な車になっています。

 

このフィットハイブリッドの最大のライバルは、トヨタのアクアで、熾烈な燃費競争を繰り広げているのは周知の通りです。アクアがマイナーチェンジにより量販車燃費トップの座を奪還した為、最高燃費をアピールする事は出来なくなりましたが、それでも36.4km/Lというカタログ燃費は驚異的と言えます。燃費では一歩を譲ったフィットハイブリッドがアクアに勝る点は、独自のセンタータンクレイアウトによるスペースユーティリティーの高さと、DCT搭載によるドライバビリティーの良さです。アクアがあくまでもコンパクトカーレベルの居住性であるのに対し、フィットハイブリッドは一クラス上の居住性を備えています。

 

又、理想のトランスミッションとも言われるDCTを搭載している国産車は数少なく、それを低廉なコンパクトカーに搭載したのは意義ある事です。又、システム出力は137馬力と、アクアの100馬力を大幅に上回ります。ハイブリッド車に出力競争はあまり意味がないかもしれませんが、動力性能も高いに越した事はありません。総合的に見ても、殆ど死角のないフィットハイブリッドですが、今後望むとすれば、衝突回避支援システムの装備でしょう。国産コンパクトカーでこの機能を装備するのは、日産ノートくらいですが、フィットも後に続いて欲しいものです。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

ホンダ・フィットハイブリッド 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

36.4km/L(HYBRID FF車)

3955×1695×1525

4.9m