ホンダ・フィット 燃費・口コミ評価

ホンダ・フィット 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

ホンダ・フィット

ホンダのコンパクトカー「フィット」は、トヨタのアクアと並ぶベストセラーカーになっています。日本で使うのに丁度良いサイズと、ライバルを凌ぐ優れたスペースユーティリティー、そしてホンダらしい走行性能などが高く評価されての結果でしょう。殊に、現行型にモデルチェンジしてからは一層魅力がアップしているので、人気の程も頷けます。フィットのエクステリア・デザインは、ボンネットとフロントウィンドウの段差が少なく、モノボックス的なフォルムを持っているのが特徴です。このデザインは、他社のコンパクトカーにはない、フィットならではのアイデンティティーと言えるでしょう。

 

ボディ・サイズは、全長3,955mm×全幅1,695mm×全高1,525mmという、大き過ぎず小さ過ぎずのジャストサイズです。そして、独自のセンタータンクレイアウトにより、外形サイズ不相応の広大な室内スペースを備える点も、大きなアドバンテージになっています。一方、インテリアは、オーソドックスなデザインのダッシュボードや、癖のない内装色により、万人に好まれそうな雰囲気を備えています。パワートレインは、1.3L直4エンジンと1.5L直4エンジンが用意され、トランスミッションはそれぞれCVTの他にMTも用意されます。エンジンのスペックは、1.3Lが最高出力100馬力、最大トルク119Nm、1.5Lが最高出力132馬力、最大トルク155Nmと、クラストップレベルのパフォーマンスを誇ります。さすがエンジンのホンダと言われるだけの事はある性能で、実用車と言えど動力性能面でのアドバンテージは武器となります。

 

又、燃費の点でも、特に1.3LモデルはFFのCVTグレードで26km/Lという、純ガソリンエンジンの登録車でトップレベルの数値を実現しており、乗り出し価格の安さと相まって、敢えてハイブリッドを選ばなくても良いと思える程です。一方、1.5Lモデルも、FFのCVTグレードで21.8kmという、このクラスの純ガソリン車としてはトップレベルのもので、動力性能の余裕を望むなら、こちらの選択も十分ありでしょう。とかくハイブリッドばかりが注目され勝ちなフィットですが、純ガソリンモデルも魅力は十分です。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

ホンダ・フィット 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

26.0km/L(13G FF車)

3955×1695×1525

4.7m