マツダ・デミオ 燃費・口コミ評価

マツダ・デミオ 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

マツダ・デミオ

マツダのコンパクトカー「デミオ」は、現行モデルで3代目となります。現行型は2007年に登場しているので、既に7年が経過していますが、それ程陳腐化しておらず、それなりの魅力を保っています。デミオのエクステリア・デザインは、兄貴分のアクセラやアテンザなどと比べると、世代の古さを感じさせるものの、これはこれでまとまった良いデザインに感じられます。適度に抑揚の効いたボディラインは躍動感があり、各社のライバルと比べても未だ見劣りしないものです。ボディ・サイズは、全長3,900mm×全幅1,695mm×全高1,475mmとコンパクトに収まっており、マツダの登録車としては最小のものになります。

 

インテリアは、ダッシュボードのデザインが非常にシンプルで、内装色も落ち着いたカラーなので地味な印象ですが、変にファンシー路線に振るよりはずっと好ましく感じられます。シンプル・イズ・ザ・ベストとは、正にこの事でしょう。エンジンは、1.3Lがスカイアクティブエンジンと通常エンジンの2種類があり、1.5Lが通常エンジンの1種類となっています。組み合わされるトランスミッションは、1.3LスカイアクティブエンジンにはCVT、1.3L通常エンジンにはCVT、トルコン4AT及び5MT、1.5LエンジンにはCVTと5MTが組み合わせられます。この内、本命と言えるのは、何と言っても1.3Lスカイアクティブエンジン搭載モデルです。出力やトルクはデミオの中で最も低く、1.3Lクラスとしては物足りない84馬力と112Nmに留まるものの、25km/Lというデミオ中で最高の燃費性能を持っています。

 

ただ、ライバルのホンダ・フィットやトヨタ・ヴィッツが、同等以上の燃費とより大きい出力を備えているので、想定的に物足りなさを感じてしまうのも又事実です。しかし、よりパワフルなエンジンを持つ他のグレードは、燃費性能がかなり劣ってしまう為、敢えて選ぶ価値はありません。総合的に見て、デミオは市場競争力においてさすがに少々厳しい部分もありますが、このデザインが気に入っているなら、購入しても後悔しないでしょう。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

マツダ・デミオ 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

25.0km/L(13-SKYACTIV)

3900×1695×1475

4.7m