三菱デリカD:2 燃費・口コミ評価

三菱デリカD:2 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

三菱デリカD:2

三菱のコンパクトなミニバン「デリカD:2」は、スズキからOEM供給を受け三菱ブランドで販売される車で、実質的にスズキ・ソリオと同一の車種です。通常は、OEM車と言えどフロントマスクの意匠やアルミホイールのデザインを代えるなどして、少しでもオリジナリティーを出そうとするものですが、デリカD:2の場合はエンブレムの違いを除けば、外観上の相違はありません。外観が少しでも違えば、ユーザーサイドからすれば選択肢が増える分好ましいと言えるのですが、それもないとなると存在意義に疑問符が付きます。しかし、あくまでもメーカーの御家の事情で誕生した車種と考えれば、目くじらを立てる程ではないのかもしれません。

 

スペック面では、当然ながらソリオと全く同一です。ボディ・サイズは、全長3,710mm×全幅1,620mmという、登録車のミニバンとしては最小のものです。全高は、ミニバンだけあって1,765mmありますが、これは軽自動車のスーパートールワゴン(三菱で言えばeKスペース)に匹敵するもので、その分広大な室内スペースが備わります。乗車定員はさすがに7人乗りなどという事はなく、5人乗りですが、5人の為の十分な室内空間が確保されていると言って良いでしょう。内外装のデザインは、前述の通りソリオと選ぶところがないのですが、オーソドックスなデザインは万人に受け入れられるものです。エンジンのスペックは、1.2L直4ユニットから91馬力の最高出力と118Nmの最大トルクを発生します。決してパワフルとは言い難いものですが、1トン少々のボディには必要十分であり、軽のターボ車程度の動力性能は期待出来そうです。

 

又、燃費性能の点では、デュアルジェットエンジン搭載グレードなら25.4km/Lという優れた燃費が備わります。そして、安全装備の面では、先般ソリオと共に行ったマイナーチェンジにより、衝突回避支援システムが装備され、安全性能が大きく向上しています。そして、依然はソリオに装備されていたESPやサイドエアバッグがオプションでも選べないという「手抜き」があったのですが、現行モデルではその面でもソリオと同等になっています。こうした安全装備の充実により、大事な家族を乗せる為のファミリーカーとして、お薦め出来る1台となっています。あとは、ソリオを選ぶかD:2を選ぶかが問題ですが、これはもうメーカーの好みで選ぶしかありません。もし特に拘りがないなら、両方のディーラーを競合させて値引きを引き出すのも面白そうです。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

三菱デリカD:2 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

25.4km/L(S AS&G)

3710×1620×1765

5.0m