日産キューブ 燃費・口コミ評価

日産キューブ 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

日産キューブ

日産のコンパクトカー「キューブ」は、大ヒットした先代モデルのイメージを受け継いだ、スクエアなボディを持つトールワゴンです。潔いまでにボクシーなデザインだった先代と比べ、やや丸みを帯びたファンシー路線に変わっていますが、ボディ後半部分の左右非対処デザイン処理など、ユニークな特徴をそのまま踏襲しています。元々はマーチの派生モデルとして誕生したキューブですが、マーチの方が一足早く2010年にフルモデルチェンジしている為、現在は姉妹車種の関係ではなくなっています。キューブの最大の特徴は、先にも触れましたが、箱型でかつ左右対称のセオリーを無視した、個性的なエクステリア・デザインにあります。ディテール処理が少々くどい印象はありますが、他のどの車にも似ていないという点では、貴重な存在と言えます。

 

ボディ・サイズは、容積が大きいデザインの為大きく見えますが、実際には全長3,890mm×全幅1,695mmとコンパクトです。全高は1,650mmと高めですが、軽自動車のトールワゴン程度で、極端に背が高い訳ではありません。立体駐車場には入庫出来ないものの、日常的な使い勝手の良い車であると言えるでしょう。そして、ダッシュボードのデザインも、直線を基調としつつ曲線も取り入れるという、エクステリアと共通のイメージでまとめられ、こちらもユニークなものです。又、オプションでユニークな形状のガラスルーフが用意されるなど、室内の居心地の良さを追及しているのも特徴です。

 

パワートレインは、111馬力の最高出力と148Nmの最大トルクを発生する1.5L直4エンジンと、CVTの組み合わせです。特に飛びぬけた性能ではありませんが、車両重量が1.2トン程とそれ程重くない事と、長年の技術の蓄積を持つCVTにより、十分な動力性能が期待出来ます。総括として、キューブは実用的なコンパクトカーながら、実用性云々以前に独特のデザインに惚れ込んで購入する車と言えます。直接的なライバルはトヨタ・ラクティスですが、恐らく多くの人は指名買いとなる筈ですから、実際には競合するケースは少ないものと思われます。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

日産キューブ 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

19.0km/L(FF車)

3890×1695×1650

4.6m