ダイハツ・ブーン 燃費・口コミ評価

ダイハツ・ブーン 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

ダイハツ・ブーン

ダイハツの登録車としてはミニマムなサイズの車種となる「ブーン」は、トヨタの「パッソ」と姉妹車種の関係にあります。設計開発は主にダイハツが担当している為、実質的にダイハツカラーが全面に出た車種になっています。ブーンのボディ・サイズは、全長3,650mm×全幅1,665mm×全高1,535mmのコンパクトなもので、軽自動車以外の5人乗り乗用車としては、最も小さい部類に属します。全高も低目に抑えられているので、居住性には多くを望む事は出来ないでしょう。

 

エクステリア・デザインは、丸みを帯びたフレンドリーな雰囲気でまとめられています。フロントバンパーのデザイン処理などは、フォルクスワーゲンup!の影響が見て取れますが、ボディ全体の形と良く溶け込んでいます。パッソとの外観上の相違点は、フロントマスクの意匠の違いなど僅かなもので、極端に好き嫌いが分かれる程の違いでもありません。インテリアは、程良く明るいイメージでまとめられ、ダッシュボードのデザインもシンプルで好感の持てるものです。パワートレインは、ブーンの場合1L直3エンジンのみの設定で、1.3L直4エンジンも選べるパッソとの相違点になっています。もっとも、900kg台の軽い車体には1Lエンジンで必要十分であり、パッソ用の1.3Lエンジンは燃費性能が劣り選ぶメリットが薄い為、1Lのみに絞ったダイハツの方が正しい選択をしたと言えます。

 

ブーンのFFモデルの燃費は27.6km/Lと、純ガソリンエンジン登録車としてトップの数値で、この車の最大のセールスポイントとなっています。しかし、このブーンがどんな人に薦められるかは、難しいところです。維持費の点では軽自動車より高くなりますし、居住性や安全装備の点でもアドバンテージがありません。現状では、「とにかく小さい車が欲しいが、軽自動車の黄色いナンバープレートは恥ずかしい」という人くらにしかお薦め出来ないかもしれません。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

ダイハツ・ブーン 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

27.6km/L(FF車)

3650×1665×1535

4.7m