トヨタ・オーリス 燃費・口コミ評価

トヨタ・オーリス 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

トヨタ・オーリス

トヨタの「オーリス」は、ヴィッツやアクアよりも一クラス上の、所謂Cセグメントに属するコンパクトカーです。ボディ・サイズは、全長4,275mm×全幅1,760mm×全高1,460mmで、3ナンバー登録となるものの、同クラスの輸入車、例えばフォルクスワーゲン・ゴルフなどと比べると、全幅は狭くなっています。プレミアム・コンパクトという位置付けである為、エクステリア・デザインはそれに相応しいスポーティーな味付けがされています。精悍なフロントマスクや、流麗なボディラインを備え、トヨタ車にあり勝ちな退屈なデザインにはなっていません。ボディカラーも、このクラスの国産車には珍しく、赤やオレンジなどのヴィヴィッドな色も用意されますが、そうした色が良く似合います。

 

又、インテリアも、エクステリアと同様にスポーティーな装いを備えています。ダッシュボードや内装が黒で統一され、精悍な雰囲気を醸しています。搭載されるエンジンは、1.5L直4と1.8L直4のNAで、トランスミッションは1.5LモデルがCVT、1.8LモデルにはCVTと6MTが用意されます。今流行りのダウンサイジング・ターボやDCTでない点には、やや物足りなさも感じられます。コンベンショナルなNAエンジンとCVTの組み合わせも決して悪くはないのですが、欧州の強力なライバルと競合する車種だけに、スペック負けしている感は否めません。

 

そんな中で注目すべきは、6MTを搭載するグレード「RS」です。輸入車も含めMT車の選択肢が少なくなっている現在、貴重な存在となっています。このRSは、オーリス中最強の144馬力の最高出力と180Nmの最大トルクを備えています。ゴルフGTIなどと比べると、スペック的には物足りなさは否めませんが、日本の路上でMTを駆使してパワーを使い切って走るには、このくらいが丁度良いパワーかもしれません。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

トヨタ・オーリス 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

18.2km/L(FF車)

4275×1760×1460

5.2m