フィアット500 燃費・口コミ評価

フィアット500 燃費・口コミ評価 《コンパクトカーランキング》

フィアット500

フィアットのコンパクトカー「500」は、先代パンダのプラットフォームを利用して製造される、パイクカーです。エクステリアとインテリアのデザインは、往年の500=ヌオーヴァ・チンクエチェントをモチーフとしています。往年の大衆車をモチーフとした同種の車には、BMWミニとフォルクスワーゲン・ザ・ビートルがあり、500を含めこのジャンルの御三家となっています。500(現行の)は、2007年にデビューしているので、既に7年が経過していますが、全く陳腐化しておらず、現在もデビュー当初と変わらぬ輝きを放ち続けています。現行型500とかつての500の外観を直接比較すると、実のところ大きさも外観もかなり異なるのですが、プロパーで見ればかつての500のような雰囲気を感じる事が出来ます。

 

又、内装では「目玉親父」のようなデザインのメーターを含めたダッシュボードのデザインも、往年の500のイメージを彷彿とさせます。現行型500は、かつての500を愛用していたオールドファンのみならず、その魅力的な内外装のデザインにより、新たなファン層も獲得しているようです。実際に、イタリア車としては最も良く見掛ける車種になっています。ボディのバリエーションは、ベースとなる3ドアハッチバックの他に、「500C」と呼ばれるセミオープンモデルが存在します。かつての500がキャンバストップを備えていた事を考えると、500Cの方こそ正統派後継モデルと言えるかもしれません。パワートレインは、500、500C共に、1.2L直4NAエンジンと0.9L直2ターボエンジンが用意され、トランスミッションは5速AMTが基本となります。現時点では、500の0.9Lモデルには、5速MTモデルも用意されています。

 

又、更にホットな走りを望む向きには、1.4L直4ターボエンジンを搭載する「アバルト」が用意され、こちらはチューニングや装備の違いで、様々なモデルが存在します。駆動方式は、かつてのRR方式とは正反対の、FF方式を採用します。これはこれで現代的な選択なので問題ないのですが、新型ルノー・トゥインゴがRR方式を採用したのを目の当たりにすると、500もRR方式にして欲しいなどという、無い物ねだりをしたくなります。それはさておき、500シリーズの中で最も「らしい」グレードは、かつてと同じ2気筒エンジンを搭載する「ツインエア」シリーズでしょう。往年を彷彿とさせる、2気筒ならではの味わいのみならず、必要十分な動力性能と高い経済性(24km/L)を両立させている点においても、大変魅力的です。

 

コンパクトカーへの乗り換え・買い替えで、愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちらから!

フィアット500 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

26.6km/L(500S)

3585×1625×1515

4.7m